ビーグレン ホワイトケアの口コミ
実際に試して口コミします♪
化粧水

ビーグレンで人気の化粧水の種類や成分は?気になる口コミも!

2種類の化粧水
ぐれんちゃん
ぐれんちゃん
私は最近、毎日のスキンケアにビーグレンの化粧品を使い始めました。
朝の洗顔後や夜のメイク落としの後に化粧水を使っていますが、私が使っているのは「QuSomeローション」という化粧水です。

私の場合はトライアルセットで試してみたのがQuSomeローションで、使い心地が良かったのでそのまま継続して使用しています。
ただ、実はビーグレンにはQuSomeローションの他にも別の種類の化粧水が販売されていて、スキンケアの目的に応じてユーザーが好きな方を選ぶことが出来るんですよ~。

QuSomeローション含めホワイトケアのトライアルセットの口コミはこちらを参考にして下さい!

ぐれんちゃん
ぐれんちゃん
そこで、ここからは、ビーグレンの化粧水の種類についてご紹介していきたいと思います。

ビーグレンの化粧水の種類

私もそうなんですが、化粧水って使う理由を考えたことがある人は少ないのではないでしょうか?
基本的には、洗顔の後のお肌を潤すために使うアイテムが化粧水って感じですよね~。

そんな化粧水には色々な種類がありますが、ビーグレンでは2種類の化粧水が販売されています。
これからビーグレンを使ってみようと思っている場合、『どっちを選んだらイイの?』という人がいらっしゃるかもしれませんので、是非参考にしてみてくださいね~。

ビーグレンの化粧水は2種類ある

ビーグレンで販売されている2種類の化粧水はコチラ↓

薬用化粧水「クレイローション」
エイジングケア化粧水「QuSomeローション」

2種類の化粧水

それでは早速、2種類の化粧水の特徴を詳しくご説明していきますね。

薬用化粧水「クレイローション」

肌荒れに悩む方におすすめの薬用化粧水「クレイローション」をご紹介します。

■薬用化粧水「クレイローション」

クレイローション

■内容量:120mL
■価格:3,996円 (税込)
■スキンケアの目的
ニキビ・肌荒れ・乾燥肌・敏感肌・脂性

ニキビや化粧品で刺激を感じやすい方に使いやすい薬用タイプの化粧水です。

ビーグレンでは、ニキビ肌や敏感肌といったダメージに弱いお肌を刺激から優しく守りながら保湿することに注目!

薬用成分「グリチルリチン酸ジカリウム」
⇒ニキビや炎症といった肌荒れを防ぐ

天然保湿成分「モンモリロナイト(天然クレイ)」
⇒潤いのヴェールを作って外部刺激から守る

2種類の有効成分による「防ぐ」と「守る」のダブル作用で、トラブルになりにくい肌コンディションを保ってくれます。

肌荒れ予防

この他にも、ヒアルロン酸、カミツレエキス、納豆エキス、オウゴンエキスなどの美容成分までたっぷり配合。

豊富な美容成分

とろみ感があるテクスチャーで保湿力が高めでしっとり仕上がります。
『スーッと吸収されていく使い心地がイイ◎』と好評の化粧水です。

製品ページ
・https://www.bglen.net/products/detail/YKL1

エイジングケア化粧水「QuSomeローション」

年齢サインが気になり始めた方におすすめのエイジングケア化粧水「QuSomeローション」をご紹介します。

■エイジングケア化粧水「QuSomeローション」

QuSomeローション

■内容量:120mL
■価格:5,400円 (税込)
■スキンケアの目的
肌のよれ・透明感・毛穴・乾燥・ハリ

QuSomeローションは、お肌のかさつきや乾燥小じわが気になり始めた年齢肌のためのエイジング化粧水です。
ビーグレンが開発した独自成分QuSome(4種類の保湿成分を組み合わせたもの)が、かさつきがちな年齢肌をしっかり保湿ケアしてくれます。

保湿ケア

また、今まで使っている化粧水で、
・洗顔後にお肌がつっぱる
・化粧水だけでは保湿力が足りない
・夕方になるとお肌が乾燥してシワが目立ってくる
・美容液やクリームを使っているのにお肌がごわつく
と感じている方はいらっしゃいませんか?
ビーグレンのQuSomeローションは、こういった皆さんにおすすめの高保湿化粧水なんですよ!

スキンケア成分の通り道となる角層内にたっぷりと水分を蓄える能力に優れていて、なんと「17時間保湿力をキープ」出来るんだとか。
年齢肌や乾燥肌でも、『朝塗ってから夜まで、しっかり潤いが続く!』のがイイですね◎

製品ページ
・https://www.bglen.net/products/detail/BQL1

化粧水の成分について

アメリカ医療界の優れた浸透テクノロジーを美容に応用したのがビーグレンのスキンケアです。
今回は、ビーグレンの化粧水の成分について色々調べてみました。

QuSome

ビーグレンの化粧品を語る上で欠かせないのが、超微小カプセルにスキンケア成分を包み込んだ「QuSome」という成分です。
それでは、QuSomeとは一体どのような美容成分なのでしょうか?

QuSome


①安定して効果を発揮する!

美容成分を超微小カプセルに包み込むことによって必要な場所にピンポイントに届き、安定した効果を発揮します。


②早く効く!

何種類もの美容成分を同時に届けることが出来るので、効果の実感が早い。


③浸透力抜群!

皮脂に近い成分で美容成分を包み込むという、ビーグレン独自の皮膚科学に基づいた浸透テクノロジーで、浸透しにくい成分も角層の奥まで浸透させます。


④効果が持続する!

何層にもわたって包み込まれた成分がカプセルから徐々に放出されるので、長時間効果が持続します。

化粧水にもQuSomeがもちろん配合されていて、『お肌が潤うのが早い!』とか『しっとり感が持続する!』といったメリットがあるんだとか。
理想的なスキンケアが出来る美容成分、それがQuSomeの正体のようです。

グリチルリチン酸ジカリウム

グリチルリチン酸ジカリウム

ビーグレンの化粧水(クレイローション)には、肌荒れを防ぐための薬用成分「グリチルリチン酸ジカリウム」が配合されています。
グリチルリチン酸ジカリウムは古くから生薬として用いられていて、肌荒れやニキビの治りを早めてくれる作用が期待出来る成分です。

そう言えば、私も今までにドラッグストアなどで、ニキビ予防用の洗顔料だったり、肌荒れ対策用の薬用化粧品だったりを色々物色している時に、グリチルリチン酸ジカリウムを配合した商品を見かけたことを思い出しました。
そんな数ある肌荒れ予防用アイテムの中でも、『肌荒れを治したい!』という人に選ばれているビーグレンの化粧水。
その理由は、やっぱり、ドクターズコスメという安心感があるからではないかと思います。

ドクターズコスメ

モンモリロナイト

モンモリロナイト

ビーグレンの化粧水(クレイローション)には、天然保湿成分「モンモリロナイト」が配合されています。
モンモリロナイトというのは、天然クレイから採取される非常に保湿力の高い美容成分です。

また、「ヒアルロン酸」を配合しているところも見逃せないポイント。
ヒアルロン酸と言えばお馴染みの保湿成分ですが、モンモリロナイトと一緒にスキンケアすることで、より一層保湿効果が高まります。

洗顔後のお肌のつっぱり感やかさつきが気になる人におすすめです。
あと、お肌のごわつきが気になっている人が使用することで、肌触りが柔らかくなるようですよ~。

肌触りが柔らかくなる

ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体

ビーグレンの化粧水(QuSomeローション)には、お肌の健康&美白の美容成分「ビタミンC誘導体」が配合されています。

まず、ビタミンC誘導体がどうしてお肌の健康にイイのか気になりますよね?
ビタミンC誘導体は、体質や季節の変化といった様々な要因に関わらず、肌質を安定させてくれる作用が期待出来る美容成分です。
肌荒れしやすい体質であるとか、季節の変わり目になるとお肌がゆらぎがちになるとか、こういった方のお肌の健康を保つのにピッタリなんです!

さらに、最近人気の美白化粧品の美白成分として引っ張りダコのビタミンC誘導体。
メラニンの増殖を抑えたり、メラニンが表面化するのをブロックしたり、シミやくすみの原因物質を取り除いてくれる作用が期待出来ます。

ビーグレンの化粧水の効果

美肌を磨くアイテムがたくさん揃っているので、美意識の高い方にも人気があるビーグレン。

ビーグレンの化粧水の効果

特にビーグレンの化粧水は、『今のお肌の状態をちょっとでも良くしたい!』と思っている人にピッタリのアイテムなんです!
そこで、ビーグレンの化粧水にはどのような効果があるのかまとめてみました。

ニキビ・ニキビ痕のケアにおすすめ!

ニキビ肌には「クレイローション」がおすすめ!
クレイローションに含まれるグリチルリチン酸ジカリウムには、ニキビの炎症を防ぐ働きがあります。
また、炎症後の赤みを鎮静化させ、色素沈着を薄くする作用も期待出来ます。
だから、炎症を繰り返した後のしつこいニキビ痕のケアにもピッタリですね。

毛穴のお手入れにおすすめ!

人間には顔だけでも毛穴が20〜30万個もあるそうなので、これだけの数の毛穴が開いていたり、たるんでいたりすると、お肌のキメが粗く見えてしまいますよね?
そこで、ビーグレンの化粧水「QuSomeローション」の出番!
引き締め&保湿の美容成分をたっぷり配合しているので、お肌のキレイな人のように毛穴がキュッと引き締まり、粗く見えていた毛穴がグっと目立たなくなります。

それに、毛穴に汚れや古い角質、皮脂が詰まっていると、黒ずんで、ブツブツ見えてしまいます。
こちらのタイプの人には「クレイローション」がおすすめ。
クレイローションに配合されているモンモリロナイトが、肌表面や毛穴に詰まった汚れや古い角質などを吸着してスッキリ取り除いてくれます。
毎日お手入れするだけでピカピカの毛穴に!

シミのケアにおすすめ!

加齢とともにシミが気になり始めた人には「QuSomeローション」がおすすめ。
QuSomeローションは、今見えていないシミにも効果的に働きかける多機能化粧水です。
年齢を重ねたお肌の内部では、ジワジワとシミの原因(シミ予備軍)が生まれていますが、QuSomeローションでお手入れすることで、シミとして表面化するのを最小限に抑えることが出来ます。

化粧水の上手な使い方

スキンケアに使うアイテムの種類だったり、お肌をお手入れするタイミングだったり。
スキンケア方法って、一人一人違うものですよね?
でも、化粧水を使わないという人は少ないと思います。

ビーグレンのスキンケアでも化粧水は欠かせないアイテムと言えます。
ここからは、ビーグレンの化粧水の上手な使い方について詳しくご紹介してきますね。

化粧水だけ使っても大丈夫?

40代を目前にした私自身のお肌の変化から見て言えるのは、洗顔後に化粧水だけのシンプルスキンケアは20代前半までの若い人だけのもの!ということ。

化粧水は一般的にブースターの役割をするアイテム。
わかりやすく言うと、次に使う美容液やクリームの通り道を作って、スキンケア効果を最大限に引き出すためのものなので、主役ではないんです。
つまり、スキンケアは化粧水だけでは不十分ということになります。

化粧水だけでは不十分

ビーグレンでも、化粧水だけでスキンケアを終わらせてしまうことをおすすめしていません。
化粧水にプラスαのアイテムを使うことを推奨しています。
Cセラム(美容液)やQuSomeモイスチャーリッチクリーム(保湿クリーム)を毎日のスキンケアに取り入れてみましょう。

ただし、どうしても美容液やクリームが苦手という人は、QuSomeローションとクレイローションのダブル使いをしてみるのはいかがでしょうか?

ライン使いがおすすめ!

 
私自身は少し前からビーグレンの化粧品を使い始めていますが、毎日のスキンケア方法はビーグレンのスキンケアコンシェルジュのお話を参考にしています。
ここからは、スキンケアの基本を知るために、皆さんにもスキンケアのスペシャリストのお話をちょっとだけご紹介していきますね。

ビーグレンのベーシックケアは、洗顔⇒化粧水⇒美容液⇒クリームが基本となります。
ですから、スキンケアに使うアイテムは少なくても4つです。

例えば、美白ケアが目的の場合、スキンケアに使うのは次の4つのアイテムになります。

クレイウォッシュ(洗顔料)
QuSomeローション(化粧水)
Cセラム(美容液)
QuSomeホワイトクリーム1.9(美白クリーム)

ビタミンC誘導体やハイドロキノンなど、美白ケアに必要な美容成分が配合されているアイテムを最後までしっかり使ってこそ、ビーグレンのホワイトニングケアは完成します。
中途半端なお手入れをしていたら、シミのもとであるメラニンの生成を抑えたり、すでに出来てしまったシミに働きかけたり、せっかくの効果が期待出来ないんですよ!

ライン使いするのがおすすめ

『スキンケア化粧品はどう使うのが正しいのか?』というのに正解があるのかわかりませんが、とても参考になるお話でしたね。
ビーグレンに限ったことではないですが、満足する結果を得るためには、目的に合った化粧品をライン使いするのがおすすめのようです。

化粧水の評判や口コミ

現在ビーグレンから販売されている化粧水は2種類ありますが、それぞれ特徴が異なります。
化粧水の種類によって、テクスチャーや使い心地がきっと違うはずです。
実際に愛用中のユーザーの口コミを見てみましょう!

クレイローションの評判や口コミ

まずは、クレイローションを愛用中のユーザーの口コミを見てみましょう!

・30代前半/女性/ニキビ肌
昔からニキビが出来やすく、メールでスキンケアコンサルタントの方に相談出来るビーグレンの化粧品を使ってみることにしました。
ニキビが出来やすい私には、まずは、クレイローションのお手入れでニキビ、ニキビ跡のケアを薦めて頂きました。
クレイローションを使い始めてから2ヶ月経ちましたが、今ではニキビがほとんど出来なくなりました。気になっていたニキビ跡も薄くなり、こんなに効果があった化粧水は初めてです。

・30代後半/女性/乾燥肌
トライアルセットを使用してQuSomeローションに感動していざ注文しようとしたら、お値段を見てビックリ!
私には高価過ぎるので諦めようとしていたら、お手頃価格のクレイローションの存在を知り、すぐに購入しました。
少しねっとりしていて肌に吸いつく感じがあり、乾燥肌の私にはピッタリの使い心地。
結果的には大正解でした!

・40代後半/女性/普通肌
今まで特に肌トラブルを感じたことはありませんが、年齢的にシワやシミが気になってきたので、ビーグレンの化粧品をエイジングケアのために使ってみることにしました。
2ヶ月程使い続けた頃から、そういえば最近お肌にハリが出てきたなと感じ始め、今では気になっていたシミも随分薄くなりました。
これからも使い続けようと思います。

・20代前半/男性/敏感肌
気が付けば敏感肌だった僕は、他の人よりも明らかに乾燥肌でニキビが出来やすい体質です。
口コミを見ると良い評判が多いので、『誇大広告じゃないのか?』とか思いながらも、自分の肌質をどうにかして変えたくてビーグレンの購入を決意しました。
現在は化粧水とCセラムを使用中です。
使用して一週間、ニキビとニキビ跡に絶大なる効果が!
しかも、1ヶ月くらいでカサカサ肌がしっとり肌に激変。
たぶん、化粧水だけではダメで、Cセラムも併用しているからこそ実感しているのだと自分では思っています。
いろんな化粧水やニキビ対策の製品を多く試してきた僕が言っていることなので、肌質を変えたい方には是非お試しいただきたいと思います。

・30代後半/女性/ニキビ肌
不摂生や生理前などにあごや鼻の下にニキビが出来てしまい、白く膿がたまるニキビに発展して結局はニキビ跡にしてしまうことの連続でした。
今では、毎日クレイローションを使っているおかげで、ニキビが出来てもすぐに赤みが引いて、ニキビ跡にならない程度で沈静していくようになりました。

QuSomeローションの評判や口コミ

続いて、QuSomeローションを愛用中のユーザーの口コミを見てみましょう!

・30代前半/女性/混合肌
肌のくすみが気になっている私は、美白効果があると聞いてQuSomeローションを購入。
最初は『ちゃんと効いてるのかな?』と半信半疑ながらも、半年間使い続けてやっと効果が!
スッピンでも出歩けるくらいにお肌に透明感が出てきたんです。
高級化粧品だし、コスパ悪いから変えようかなとも思いましたが、ずっと使っていて良かったです。

・50代前半/女性/普通肌
ビーグレンのQuSomeローションを娘から誕生日にプレゼントされ、それ以来ずっと愛用しています。
色々お手入れが面倒な時にも、これ1本で済ませちゃうことがあります。(本当はダメですよね・・・。)
手抜きしても、翌朝、肌の感じがぜんぜん違うのがわかります。
ビーグレン以外の化粧水ではこうはならないのが手放せない理由です。

・20代前半/女性/敏感肌
幼い頃から敏感肌の私は、自分に合う化粧水がなく悩んできました。
敏感肌にもやさしいビーグレンのQuSomeローションは、赤みが出ることもなく肌に浸透しているのが実感でき満足しています。
家族や友人、自分の大切な人に紹介できる製品です。

・20代後半/女性/混合肌
最近、毛穴の広がりが気になり始め、毛穴ケア化粧品が試せるビーグレンのトライアルセットを購入してみました。
私のお気に入りアイテムとしては、QuSomeローションがおすすめ!
テクスチャーはサラっとしていますが、毛穴がキュッと引き締まる感じがあります。
驚くほど毛穴がキレイになりました。

・30代後半/女性/敏感肌
今まで様々な化粧水を試しましたが、テクスチャーや香り、保湿力、コスパ、すべてにおいてここまで満足できる化粧水には出会えませんでした。
高級化粧品ではありますが、一生使い続けたいと思えるほど気に入っています。

まとめ

今回はビーグレンの化粧水に焦点を当ててお話してきましたが、いかがだったでしょうか?
ビーグレンの化粧水は、乾燥、ニキビ、シワ、毛穴、くすみ、シミといった様々な肌悩みを総合的にお手入れ出来るアイテムです。

ビーグレンの化粧水のメリット

私自身も『実感出来る化粧水を使ってみたい!』と思ってビーグレンを愛用中ですが、他のアイテムも併用してしっかりケアできたら、もっと自信が持てる肌になるのではと期待しています。
思い切って基礎化粧品を変えてみると、自分の肌質を見つめ直せますし、キレイになっていく肌の感触を知ると、毎日のお手入れがすごく楽しみになりますよ!